不動産売却の基礎知識

不動産売却に必要な基礎知識

不動産売却は非常に大きな金額が動くため、売却をスムーズにできるかどうかでその後の人生計画が大きく影響を受けやすいものです。だからこそ失敗しないようにと、誰もが不安を抱えてしまうのも当然でしょう。こちらでは、高松市の不動産会社「ハウシード」が、不動産売却を成功させるための基本的な考え方や不動産会社を選ぶ際に重要なポイントをご紹介しています。

不動産売却の際に、このようなお悩みありませんか?

  • 売却のためにまず何をすればいいのかわからない。
  • まだ住宅ローンが残っている場合でも売却できるの?
  • 不動産売却をするためにどれくらいお金がかかるのかわからない。
  • せっかく売却活動しても売れなかった場合はどうなるの?
  • そのまま売るべきかリフォームすべきか判断できない。

不動産売却で押さえるべき「3つ」のポイント

Point1 不動産会社を正確に選ぶ

Point1 不動産会社を正確に選ぶ

不動産会社は、不動産売却する際の大切なパートナーです。売却がスムーズにできるかどうかは、不動産会社次第と言っても過言ではありません。信頼できるかどうか判断するにはこちらの2つのポイントをチェックしてましょう。

Check1査定額の根拠を説明できるか

Check1 査定額の根拠を説明できるか

不動産会社は「REINS」という共通のシステムを使用して不動産の情報を共有していますが、査定額は会社ごとに異なります。それは、査定で重視する項目が会社ごとに違うためです。査定額の根拠について尋ねてみてください。信頼できる不動産会社であれば重視している点や想いなどを説明してもらえるはずです。

Check2地域に密着しているか

Check2 地域に密着しているか

不動産を適正価格で売却するためには、その地域の特性や相場などを詳しく知っている必要があります。そのため、地域に密着した不動産会社を選ぶことで、より安心して売却を任せることができます。

Point2 売却にかかる費用を把握する

Point2 売却にかかる費用を把握する

不動産売却に成功して契約が成立した場合、不動産会社には仲介手数料を支払う必要があるほか、税金を含めた多くの費用が必要になります。まずはどんな費用がかかるのかを把握しておきましょう。

不動産売却にかかる費用
仲介手数料

不動産会社に販売活動を依頼した場合、成約後に支払う成功報酬。

【計算式】
(売買価格×3%+6万円)
×消費税率
(売買価格400万円以上の場合)
登記費

住所などを公示するために必要な費用。

  • 表示登記
  • 所有権保存登記
  • 所有権移転登記
  • 抵当権の設定登記 など
抵当権抹消費用
(該当者のみ)

住宅ローンの抵当権を抹消するために必要な費用。

一般的に2万円程度が相場。別途司法書士費用がかかることもある。

ローン返済費

住宅ローンの完済前に売却が決まった場合は、一括返済する必要があるほか、売買前に抵当権の抹消が必要。

一般的な内訳はローン残高+繰り上げ返済事務手数料。

証明書発行費

不動産の売買に関わるさまざまな契約を結ぶ際の証明書を発行する費用。

  • 印鑑証明書
  • 住民票 など
引越し費・処分費 住んでいる状態の住宅を売却する場合、引越し費用が必要になる。使用している家具や家電製品を廃棄する際には処分費もかかる。
税金
印紙税 不動産の売買価格に応じて作成される文書に課税される税金。 登録免許税 不動産の所有権を移転する際の登記や、住宅ローンの抵当権設定登記をする際に必要な税金。
消費税 土地は非課税だが、建物には消費税がかかる。 住民税 不動産の売却価格が購入時より上回った場合に発生する税金。
Point3 不動産の特徴を整理する

Point3 不動産の特徴を整理する

売却したい物件についてしっかり説明できることも売却の成功のために大切です。良い特徴は積極的にアピールしていきたいものです。また、デメリットに見える部分でも、視点を変えることでメリットに変わることもあります。まずは不動産の特徴をしっかり整理し、次の内容について尋ねられたら答えられるようにしておきましょう。

物件のメリットについて

駅から遠い物件などは、買い物に利便性などを考えると不便にも感じられるかもしれませんが、静かな環境を求めている人にとってはメリットにもなります。まずはメリット・デメリットをしっかりと洗い出して、魅力的に見せられるような伝え方を考えましょう。

売却理由について

買主様にとって、売主様がなぜその不動産を手放すのかは気になるところです。ここが不透明なままだと、「何か問題があるのではないか」と考えて購入を見送ってしまう可能性もあります。もし買主様に売却理由を聞かれた場合、すぐに答えられるようにしておくことが大切です。

査定評価のポイントについて

不動産売却の査定では、さまざまな要因をチェックされます。どんなポイントが重視されるのか知っておきましょう。

周辺の環境 売却する不動産の周辺にある学校や病院、公共交通機関など
不動産の状態 不動産の敷地内や建物の問題など
建物の状態 建物が含まれる場合は、築年数や劣化の状況など
社会的状況 同条件の不動産の取引価格など
土地の形状 土地の形状

一般的な「不動産売却」完了までの流れ

Step 1お問い合わせ
不動産売却のことなら、ハウシードへお気軽にご相談ください。売却について売主様のご要望を経験豊富なスタッフがお聞きし、サポートいたします。
Step 2査定依頼
売却すべきかどうかを決めるために、査定を受けて、売却ご検討中の不動産の価格の目安を知ることが大切です。当社は無料で査定を承っております。
Step 3査定
建物自体や周辺の土地の状況、法令関係などさまざまな要素を確認し、査定価格の見積もりをお出しします。
Step 4媒介契約
査定内容や今後の売却活動について詳しくご説明します。内容に納得していただいたうえで、不動産売却の媒介契約締結を結ばせていただきます。
Step 5売却活動
売主様のご要望に合わせて、インターネットや新聞折り込みなどを活用した販売活動を開始します。
Step 6売買契約
価格や引き渡し時期などに関して、購入希望者との交渉を行い、売却条件がまとまったら売買契約となります。
Step 7引き渡し
売買契約が締結されたら、不動産を引き渡す準備をはじめます。なお、物件に住宅ローンの抵当権がついている場合は抵当権抹消手続きが必要です。