相続・空き家について【相続・空き家問題】

  • ホーム
  • 相続・空き家について【相続・空き家問題】

相続した不動産にお悩みの方へ

物件や土地といった不動産を相続したものの、活用することができず悩んでいる方はいらっしゃいませんか?不動産は大切な資産ですが、そのまま放置してしまうと、さまざまな問題が起こる原因になることもあります。まずは相続された不動産が活用できるかどうか不動産会社に相談していただくことをおすすめします。使い道がなく悩んでいた空き家や土地でも、収益を得られる道があるかもしれません。

相続物件でお悩みの方へ

相続物件でお悩みの方へ

資産を持っている方が亡くなったとき、その資産を引き継ぐことを「相続」と言います。資産を持った高齢者が亡くなる件数は高齢社会である日本において増え続けており、相続の数だけトラブルの件数も増加しているというデータがあります。

こうした問題で注目すべきポイントは、資産の約7割が不動産資産であるという事実です。つまり、不動産に特化した専門家の知識があれば、相続に関わるトラブルの7割は防げる可能性があるのです。こちらでは、トラブルを回避するためにも相続前に知っておきたいことをご紹介します。もし相続した物件でお悩みなら、株式会社ハウシードにご相談ください。

不動産を相続する前に注意したいこと

不動産を相続する前に注意したいこと

親族が所有していた財産を引き継ぐ方法として、「相続」のほかに「生前贈与」という方法もあります。相続は、亡くなった方の財産を親族が引き継ぐことを指し、生前贈与は財産を所有している人が生きているうちに、その人の意思で財産を整理することを指します。財産を有効活用するためにも、どちらを選ぶべきなのか早めに決めておきましょう。

相続のメリット・デメリット
メリット 3,000万円の基礎控除があり、財産が基礎控除額を超える場合のみ相続税が発生するため、マンションやアパート、戸建てであれば非課税となるケースが多くなります。
デメリット 遺言で相続人に指定された複数名のうち誰かが遺言の内容に意義を申し立てれば、遺言通りの内容で相続が行われない場合があります。
相続物件の売却の流れ
Step 1遺産分割協議
相続人となる方々で遺産の分け方について話し合い、決定します。相談した内容をまとめて「遺産分割協議書」という書類を作成します。
Step 2不動産の名義人変更
相続物件の名義を、元の持ち主の名義から相続する方の名義に変更します。
Step 3不動産会社に依頼
不動産会社に依頼して、相続物件の売却活動を開始します。
Step 4確定申告・納税
物件を売却することで得た利益を確定申告し、条件に基づいて納税します。

空き家をお持ちの方へ

空き家をお持ちの方へ

相続した物件に誰も住まず、空き家になった状態で放置したままであっても、税金はかかってしまいます。さらに、条件によっては税金が約6倍も高くなってしまうこともあります。しかし、有効活用できれば収益につながる可能性もあります。不動産の活用法は土地の条件や地域の特性によって変わるため、適切な活用方法について検討してみましょう。

空き家を放置しておくことの問題点

空き家を放置しておくことの問題点
出費ばかりが続く

誰も住んでいない空き家でも、所持しているだけで固定資産税がかかります。しかも、土地の評価額が高い場合は、たとえ建物には価値がなくても高額な固定資産税がかかり続けることもあります。

維持費がかかる

空き家を放置すると劣化が進み、いずれ倒壊して通行人を事故に巻き込んでしまう恐れもあります。そうした場合、損害賠償を支払うのは空き家の所有者です。劣化を防ぐには不動産の管理を専門家に任せて維持費を支払い続けるしかありません。

解体費用がかかる

現在では、危険な空き家は行政代執行によって強制的に解体されてしまう可能性があります。強制的に解体された場合、解体費用を請求されるのは所有者です。

空き家物件売却の流れ
Step 1遺産分割協議
相続人となる方々で遺産の分け方について話し合って決定し、内容をまとめて「遺産分割協議書」という書類を作成します。
Step 2不動産の名義人変更
元の持ち主の名義から、相続物件の名義を相続する方の名義に変更します。
Step 3不動産会社に依頼
不動産会社に依頼して、相続物件の売却活動を開始します。
Step 4確定申告・納税
物件を売却することで得た利益を確定申告します。

PICK UP 

(田んぼ・畑・山林の売却はハウシードにお任せください

(田んぼ・畑・山林の売却はハウシードにお任せください

農業をしていた方が亡くなり、農地を相続した場合は、通常の不動産とは扱いが異なってきます。例えば、相続したらその農地がある市区町村の農業委員会に届け出を行う必要があることなどが挙げられます。また、農地の場合は売却する際にも買主様が農業委員会へ申請を行う必要があることも忘れてはなりません。

こうした農地独自のルールがあることや、農地は売却実績がないと価格査定がしづらいという特徴があるため、農地の売却実績のある会社でなければなかなか買い手はつきません。ハウシードは田んぼ・畑・山林の売却の経験と実績が豊富ですので、農地の相続に関してもぜひ当社にご相談ください。