高く売りたい【仲介売却】

  • ホーム
  • 高く売りたい【仲介売却】

できるだけ高く不動産を売るなら「仲介売却」

仲介売却とは、不動産会社が売主様と買主様の間に入って不動産物件を市場に売却する方法です。売却活動を不動産の専門家が行うため、売主様には手間がかかりません。さまざまな売却方法のなかでもっとも高く売りやすく、さらに高く売れる方法と言えるでしょう。こちらでは、高松市の不動産会社「ハウシード」が、仲介売却の基本情報をご紹介します。

「仲介売却」はこんな方におすすめ!

  • 離婚が決まって財産分与することになった
  • 両親と同居するため家を買い替えたい
  • 事情のため家を手放すことになった
  • 今よりも通勤しやすい場所に引っ越したい
  • 部屋数が足りないため広い家を買いたい など

所有している不動産を手放すことになった方は、まず仲介売却をご検討ください。不動産仲介なら、価格や条件など売主様のご要望優先での売却が実現します。

仲介売却のメリット

仲介売却のメリット

価格を決められる

仲介売却を選んだ場合、売却価格を売主様が自分で決めることができます。不動産会社に勝手に価格をつけられてしまうことはありません。

売却活動を任せられる

契約している不動産会社がすべての売却活動を行うため、ほとんど任せておくことができます。

媒介契約の種類と違い

媒介契約の種類と違い

不動産会社に仲介売却を依頼する際には「媒介契約」という契約を結ぶことになります。媒介契約には以下の3種類があります。

メリット デメリット
一般媒介契約 複数の不動産会社と契約を結ぶことができるため、情報を多く流しやすくなり成約の可能性が高まる。 立地条件によってはあまり見られないほか、REINSへの登録が必須ではないため検索しづらくなる可能性がある。
専任媒介契約 1社としか契約を結ぶことができない反面、販売状況の報告義務などもあるため契約した不動産会社が力を入れて取り組んでくれる。 不動産売却のための宣伝などの活動はすべて契約した1社に頼ることになる。
専属専任媒介契約 1社としか契約を結ぶことができない反面、販売状況の報告義務などもあるため契約した不動産会社が力を入れて取り組んでくれる。 売主様が自分で買主様を見つけることが禁止されており、すべて契約した不動産会社に任せなければならない。

レインズ(REINS)への登録

レインズ(REINS)への登録

現在、不動産会社は独自のネットワークを活用して全国の不動産情報を集めて管理しています。それが不動産物件に関するコンピュータネットワークシステム「REINS(レインズ)」です。REINSは全国の物件情報が登録された不動産会社共通のデータベースです。売主様が売却を希望して不動産会社に依頼した物件情報はREINSに登録されます。

昔は物件情報を調べるために不動産会社を何件も回らなければなりませんでしたが、現在では不動産業者の情報はこのREINSのネットワークで集約されるため、REINS加盟会員の不動産会社からでも簡単に検索できるようになっています。